「赤十字キッズタウン2017」が開催されました!

病院から 2017年06月19日

 5月28日(日)、日本赤十字秋田看護大学・同短期大学にて「赤十字キッズタウン2017」が開催されました。このイベントは5月の赤十字運動月間のイベントのひとつとして開催されているもので、今年で6回目を迎えました。「赤十字キッズタウン」では、子どもたちが赤十字職員になりきって働き、学び、楽しめる「お仕事体験」がメインのイベントとなっています。

 当院のブースは診察室、栄養指導室、薬局のほか待合室も作られ、気分はまさに「ミニ病院」!白衣を着てそれぞれの体験に望む子どもたちの顔は真剣そのものです。今年から新しく加わった栄養士のお仕事体験コーナーでは元気な声で患者さん役とお話する姿も見られました。

 また、ドクターヘリの見学では、実際のお仕事内容を紹介したポスターの展示のほか、機体への搭乗体験を実施しました。実際の機体に触れられることはほとんどありませんので、今回の見学は多くの子どもたちにとって貴重な体験となったのではないかと思います。

 その他、イベントでは秋田県内赤十字施設がそれぞれブース展開し、子どもたちは災害救護体験や献血業務などのお仕事体験のほか、家族で楽しめるクイズ大会や紙皿を使ったおもちゃの作成などを楽しんでいました。

 親子で一緒に赤十字のことをもっとよく知ってもらうことを目的に開催しているキッズタウン。今年のイベントも色々なお仕事体験を通して赤十字への理解を深める良いきっかけとなったのではないでしょうか。