医療安全推進室

 医療事故の発生および再発を予防し、「医療の質」の確保と「安全な医療」を継続的に提供するための医療安全管理体制を確立することを目的とし、多職種による活動が行われています。安全な医療を受けていただくためには、患者さん自身の参加が必要です。医療安全活動へのご理解、ご参加をお願いします。

参照 当院医療安全管理指針

メンバー

 医療安全推進室長である副院長、専従の医療安全管理者(看護師)、医師、薬剤師、診療放射線技師、臨床工学技士、臨床検査技師、理学療法士、管理栄養士、事務職員から構成されています。

主な活動

  • 医療安全に関わる指導、教育、情報共有に関すること
    各部門から提出されたインシデント・アクシデント事例を分析し、再発予防策を立案し、職員に周知しています。

  • 医療安全に関わる会議・カンファレンス・院内ラウンドの実施

  • 医療事故の調査等に関すること

患者さんへのお願い

 当院では患者さんの安全確保を推進するために、下記についてご協力をお願いします。また、治療に関して不安な点や疑問点などがありましたら、遠慮なく職員にお尋ねください。安全な医療の実施には、患者さんが治療に参加することが大切です。
 なお、医療安全に関する相談は 患者相談窓口でも対応しています。

お名前の確認

画像

 診察、検査、処置を行う際や食事配膳時に、ご本人であることを確認させていただくために、お名前(フルネーム)と生年月日を名乗っていただいています。確認のために、何度も名乗っていただくことがありますが、ご理解ください。
 また、点滴、注射、採血の際は、ラベルに書かれたお名前を職員と一緒に確認していただくことがあります。書類、お薬などの受け渡しの際は、お名前を職員と一緒に確認してください。
 

リストバンドの着用

 入院中は、患者間違いを防ぐためにリストバンドを装着していただいています。ご本人の確認の際には、お名前(フルネーム)と生年月日をご自身に名乗っていただき、加えてリストバンドのお名前も確認させていただきます。

薬・アレルギーの確認

 これまでに、薬や食品のアレルギー(発疹、かゆみなど)があれば、必ず医師または薬剤師、看護師に教えてください。
 入院時には、今飲んでいるすべての薬(サプリメント・健康食品・自己注射のインスリンなども含む)を教えていただき、できる限りご持参ください。お薬手帳や薬の説明書もありましたら、併せてお願いします。

転倒・転落の予防

 病院での入院環境は、環境の変化に加えて病気やケガによる運動機能の低下により、思いがけない転倒やベッドからの転落の危険性があります。
 入院時は履物はスリッパではなく、運動靴や上履きをご用意ください。かかとの覆われていない履物や滑りやすい履物は危険です。

暴言・暴力への対応

 他の患者さんや職員に対する暴言、暴力、その他迷惑行為があった場合は、診察のお断り、院外への退去、退院をしていただくことがあります。詳しくは こちら をご覧ください。

医療安全標語について

 厚生労働省では、毎年11月25日を含む1週間を「医療安全推進週間」と定めており、全国の医療機関等でこの週間を中心として、医療安全向上のためのセミナーや研修の実施等が行われています。当院では毎年患者さんおよび職員より「医療安全標語」を募集しています。

令和元年度 優秀作品:遠慮せず 聞ける雰囲気 全員で