薬剤部

薬剤部長挨拶

 当院薬剤部は、進歩している医療水準の向上に遅れることなく「先進医療」と「医療の充実」を実践するために必要な知識・技能を習得し、チーム医療の一員として病院内の様々な部署で能力を発揮することで、患者さん中心のより良い医療の実践に日々努めています。

調剤課

調剤課

調剤業務

 調剤係では薬剤師が外来や入院の患者さんが服用するお薬を医師の処方せんによって調剤しています。このとき薬学的見地から医師の処方箋をチェック(処方監査)し、疑問があれば確認したり、場合によっては処方変更してもらうという重要な業務を行っています。合併症や病状によっては患者さんに多くのお薬が処方されますが、ある種のお薬は他のお薬と一緒に飲むことによって効き目が弱くなったり強くなったり、副作用が増強されてしまう危険もあるわけです(相互作用)。処方監査では、重要なお薬の相互作用がおきないように患者さんのお薬の飲み合わせについても気をつけています。

薬剤管理指導業務

 入院患者さんに対しては、『薬剤管理指導業務』と呼ばれる業務を実施しています。これは、入院なさっている患者さんの治療がより有効になるようにベットサイドで、お薬の飲み方や使い方・薬効・重大な副作用などを[お薬の説明シート]を渡して説明したり、患者さんからの質問に答えたりして、お薬での治療がうまくいくよう手助けをする業務です。他にも、入院時に患者さんが持参されるお薬の鑑別をして、その情報を主治医に連絡することで入院中の薬物療法がスムーズに行われるためのフォローもしています。

医薬品情報業務

 医薬品情報室では患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用するため、医師をはじめ医療スタッフに適正使用や副作用の情報を提供したり、中毒処置やお薬に関する質問の対応を行っています。院内には薬事委員会が設置され、新薬や採用薬剤の有効性・安全性の確保や、適正使用のために薬事全般にわたり幅広く検討がなされています。新しい医薬品の情報が、毎日製薬会社の医薬品情報担当者や厚生労働省、卸、専門誌、ファックス等から入ってきます。これらの情報をファイリングするとともに、随時院内各部署に提供しています。

薬品管理課

画像

薬品管理業務

 薬品管理室では注射の処方せんをもとに患者さんごとに注射薬を調剤しています。この際常に薬学的見地から使用方法や量、配合変化等注射せんの監査も行っています。また、お薬の品質の管理や配合変化などの情報提供を医師をはじめ医療スタッフに行っています。その他、病棟や外来への注射薬や消毒薬の供給を迅速に行いながら、安全性と経済性にも考慮した医薬品の管理に努めています。

製剤課

製剤課

注射剤の混注業務

 TPN製剤(高カロリー輸液)などの注射薬の混合を無菌的に行っています。

抗がん剤注射薬の混注業務

 抗がん剤注射薬を安全キャビネット内で無菌的に混注しています。また抗がん剤治療が安全に行われるように投与量や投与間隔、投与方法などの確認を行っています。

院内製剤の調製業務

 市販されていない薬剤(軟膏、点眼薬、検査薬など)の調製、いわゆる院内製剤の調製を行っています。

チーム医療の実践

緩和ケアチーム

 がんの治療を受けている患者さんやご家族の、痛みをはじめとするつらい症状を和らげたり、こころのケアを行うチームです。

  • 医師や看護師、理学療法士など17名で構成され、薬剤師は2名が所属
  • 月に1回、緩和ケア委員会に参加
  • 各病棟で週2回、チームメンバーと病棟スタッフによる緩和ケアカンファレンスに参加

栄養管理チーム(NST)

 栄養管理を症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施するチームです。

  • 医師や看護師、管理栄養士など23名で構成され、薬剤師は2名が所属
  • 月1回のNSTミーティングへの参加
  • 週1回のカンファレンス、NST回診への参加
  • 2週間に1回低栄養患者のスクリーニング

院内感染対策チーム(ICT)

 院内で起こるさまざまな感染症から患者や職員の安全を守るために活動を行うチームです。

  • 週1回のICTミーティングおよびラウンドへの参加(薬剤師1名)
  • 4名の薬剤師が月1回の院内感染対策委員会に参加し、抗菌薬や消毒薬の使用状況、カルバペネム系抗菌薬の使用届出率、抗MRSA薬の個人別使用状況の報告を行っている。
  • 週1回、抗菌薬ラウンドへの参加

 以上の各チームに積極的に参加しています。

主な認定資格取得状況

 (平成27年6月現在)

資格名 人数
がん薬物療法認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
2名
感染制御認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
2名
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
(日本病院薬剤師会)
1名
小児薬物療法認定薬剤師
(日本薬剤師研修センター)
1名
認定実務実習指導薬剤師
(日本薬剤師研修センター)
4名
NST専門療法士
(日本静脈経腸栄養学会)
1名
糖尿病療養指導士
(日本糖尿病療養指導士認定機構)
3名
抗菌化学療法認定薬剤師
(日本化学療法学会)
2名
医療情報技師
(日本医療情報学会)
1名

院外処方せんについて

 当院では、全診療科の院外処方せんの発行を実施しています。皆様は医薬分業という言葉を一度はお聞きになったことがあるのではないかと思います。医薬分業とは、皆様が診察を受けた後、医師から発行される処方せんを持って街の保険薬局に行き、薬剤師から薬の説明を受けて薬を受け取るというものです。患者さんご自身で保険薬局を選ぶことになります。

 医薬分業によりお支払いの負担が少し増えることがあったり、病院と保険薬局に行く二度手間がありますが、次のような利点があります。

  • 保険薬局では、薬を安心して使っていただくために使用・保管の方法や服薬に関する十分な指導をしてもらえます。
  • 複数の医療機関にかかってお薬をもらわれた場合でも、保険薬局では個人の薬歴簿を作って管理しますので重複して飲まないように、また、飲み合わせのチェックもしてもらえます。
  • お薬の待ち時間が短くなります。
  • 医師と保険薬局の薬剤師や院内の薬剤師が連絡しあってその専門性を生かし治療効果の向上や副作用の防止に役立てようとする制度です。

 以上のような利点を生かすためには、是非「かかりつけ薬局」をお決めになってご利用されることをお勧めします。尚、ご不明な点がございましたら、お気軽に当院薬剤部窓口か院外処方せん受付・ファックスコーナーにお問い合わせ下さい。