神経内科

診療科紹介

 神経内科は、主に脳・脊髄・末梢神経・筋肉に起こる病気を診る科です。
 常勤医3名、非常勤医1名が診療を担当しています。
 外来は月~金曜日 各2名が担当しています。(外来診療表をご参照下さい)
 入院では、神経病センターとして主に神経難病を対象とした病床が30床稼働しています。

自覚症状として

 頭痛がする、めまいがする、意識がもうろうとする、物忘れをする、言葉が不自由に感じる、ろれつが回らない、けいれんが起こる、物が二重に見える、顔がゆがむ、手足の筋力が低下する、手足の動作が不自由になる、歩行が不自由になる、転びやすくなる、動作が緩慢になる、しびれや痛みを感じるなどを感じたときはご相談下さい。

 下にあげる病気を中心に鑑別・治療を行います。また、必要に応じて、当院 脳外科・整形外科・心療センター・内科に相談・紹介いたします。

神経内科があつかう疾患は

 各種頭痛、てんかん性疾患、脳血管障害(脳梗塞など)、脳炎・髄膜炎、多発性硬化症、アルツハイマー型老年期痴呆、その他の痴呆性疾患、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性筋炎・皮膚筋炎、筋ジストロフィー症、脊髄障害、末梢性神経障害などがあります。これらの病気でお困りの方はご相談下さい。

神経内科で行う検査には、一般的な血液・レントゲン検査の他に

 頭部CT、頭部/脊髄MRI、脳血流シンチグラフィー、髄液検査、脳波、神経生理学的検査(末梢神経伝導速度、筋電図、各種誘発電位検査)、神経病理学的検査(筋生検、神経生検)などがあります。必要に応じてこれらの検査を施行いたします。これら検査は、予約が必要ですので、(緊急性がある場合を除き)初診時にすぐには施行できないことをご了承下さい。

担当医の紹介

役職名 氏名 専門医・認定医
神経内科部長 原 賢寿 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
神経内科副部長 柴野 健 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
神経内科副部長 大内 東香 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本神経学会認定神経内科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師 井上 佳奈

外来診察表はこちらをクリックしてください