脳神経外科

診療科紹介

特徴・特色

 当院は救命救急センター併設の急性期病院のため、救急疾患の患者さんの取り扱いが多くなります。救急搬送された脳神経外科の患者さんは、集中治療室で管理と治療を受けることになります。緊急手術が必要な場合は、集中治療室に隣接する手術室に移動し、手術を行います。
 集中治療室では、脳卒中に関連した内科的疾患 (心臓病、糖尿病、腎疾患等) はそれぞれの専門医が担当し、頭部外傷を合併した多発外傷では、救急科、整形外科、呼吸器外科、消化器外科、形成外科等の専門医と共に、密度の高い治療を行っています。重症頭部外傷に対しては、脳圧センサーを頭蓋内に留置し、手術を含めた集学的治療により管理します。
 また、近年大きく進歩した神経内視鏡を用いて、水頭症、脳室内腫瘍、脳内出血などの手術を、体への負担をより軽減して行っています。

主な対象疾患

 クモ膜下出血、脳出血、頭部外傷、脳腫瘍、未破裂動脈瘤、脳血管奇形、水頭症、血行再建を要する脳主幹動脈閉塞、二次性てんかん

治療内容・主な検査

 開頭術等の一般的な脳神経外科手術、血管内手術(専門医が治療に携わります)、神経内視鏡手術(技術認定医が治療に携わります)

医療設備

 MRI、CT、3DCT(三次元CT)、脳血管撮影、脳波、誘発脳波、SPECT、手術用神経内視鏡、術中超音波検査、集中治療室での持続脳波モニター

診療実績

  H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30
脳腫瘍摘出 4 2 10 12 10 7 12 8 8
脳動脈瘤クリッピング 11 21 15 14 18 9 11 14 10
脳脊髄AVM摘出 2 0 0 2 1 1 1 1 0
脳出血内視鏡下除去 - - - - - - 6 12 9
脳出血開頭 3 2 3 4 3 4 8 2 2
STA-MCA吻合術 0 0 1 1 2 2 0 1 0
頸動脈内膜除去術 0 0 2 0 0 1 0 1 2
急性硬膜外血腫 3 1 3 1 0 2 3 0 3
急性硬膜下血腫 3 2 2 7 10 5 5 7 13
外傷性脳内血腫 1 0 1 3 3 1 1 1 1
陥没骨折 1 0 0 2 1 0 2 0 0
慢性硬膜下血腫 21 14 20 34 21 14 20 31 16
術後頭蓋内血腫 0 1 0 2 0 2 1 1 0
減圧開頭術 0 0 2 2 1 0 0 2 0
頭蓋形成術 3 0 3 11 4 2 3 1 4
脳室ドレナージ 1 9 8 12 10 15 13 12 3
水頭症手術(脳室鏡) 6 10 9 13(1) 15 12(1) 22(2) 22(2) 14(2)
神経血管減圧術 0 0 0 0 0 0 0 0 0
脳血管内手術 9 8 7 5 6 3 18 26 12
その他 18 20 37 48 32 28 30 28 35
86 91 123 173 137 108 156 169 131

主な手術の合併症

<平成30年度>
脳腫瘍 0/8 (0%)
未破裂脳動脈瘤 0/1 (0%)

<平成10年度からの通算>
脳腫瘍 4/234(1.7%)  後遺症3例、死亡1例
未破裂脳動脈瘤 2/47(4.3%) 後遺症2例

担当医の紹介

役職名 氏名 専門医・認定医
副院長(兼)第一脳神経外科部長 西巻 啓一 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第二脳神経外科部長(兼)リハビリテーション科部長 丸屋 淳 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医・リハビリテーション科専門医・指導医
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一脳神経外科副部長 阿部 英明 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
臨床研修指導医

外来診察表はこちらをクリックしてください