内科(総合診療)

診療科紹介

特徴・特色

 総合診療科では、特定の臓器や疾患に限定せず、多角的かつ全人的な診療を行っています。気になる症状があるけれども、どの科を受診したら良いのか判断に迷うような患者さんを受け入れています。まずは丁寧な問診と必要な検査を経て、なるべく早く治療方針を決められるように努めます。その結果、各専門の科へ紹介することもありますが、多くは当科で治療(入院)・経過観察をしています。

 当科は平成23年に開設しましたが、受診者数は年々、増加傾向にあります。特に複数の不定愁訴を持った方が多く、長期に渡って漫然と続く不快感に悩み、深刻な表情で来られる方も少なくありません。そうした症状を説明できる器質的疾患はないことが分かった場合、心因性の可能性も視野に入れながら経過観察をします。患者さんの生活環境、家族関係、職場の状況などについても考慮しながら、少しでも苦痛を取り除くことが出来るよう模索していきます。中には、話を聞いてもらっただけで気持ちが落ち着いたとおっしゃる方もいますので、患者さんの話をじっくり聞くことの大切さを日々感じています。診察を重ねていくうちに症状が軽減してくると、皆さん明るい笑顔を見せてくれます。それぞれの患者さんに適した治療計画を立て、生活の質を向上させるお手伝いができれば幸いです。なお、当科には研修医が実習に来ております。何卒、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

受診される方の主な症状と判明した疾患(一部)

主な症状
・発熱 ・胸部、背部痛 ・倦怠感 ・めまい ・浮腫 ・食欲低下 ・体重減少 ・しびれ ・頭痛腹痛 ・手足の痛み
判明した主な疾患

・関節リウマチ ・リウマチ性多発筋痛症 ・全身性エリテマトーデス ・伝染性単核球症 ・肺炎 ・組織球性壊死性リンパ節炎 ・悪性リンパ腫 ・急性腎盂腎炎 ・慢性疲労症候群 ・線維筋痛症 ・パーキンソン病 ・重症心臓弁膜症 ・バセドウ病 ・SAPHO症候群 ・肝膿瘍 ・肺塞栓症 ・深部静脈血栓症 ・無菌性髄膜炎 ・副腎皮質機能低下症 ・急性副鼻腔炎 ・感染性心内膜炎 ・急性虫垂炎 ・カンピロバクター腸炎 ・エルシニア感染症 ・ANCA関連血管炎 ・アカラシア ・肋骨骨折 ・脊椎圧迫骨折 ・椎間板ヘルニア ・胃癌 ・大腸癌 ・うつ病

主な検査

 血液、尿、レントゲン、心電図、エコー、CT、MRI、呼吸機能、シンチグラフィー等

診療実績(令和2年度)

外来初診患者数 698人
新入院患者数 66人
平均在院日数 23.2日

疾病大分類(入院)

感染症および寄生虫症 5人
内分泌、栄養および代謝疾患 2人
神経系の疾患 4人
循環器系の疾患 10人
呼吸器系の疾患 16人
消化器系の疾患 3人
皮膚および皮下組織の疾患 1人
筋骨格系および結合組織の疾患 10人
腎尿路生殖器系の疾患 12人
損傷、中毒およびその他の外因の影響 3人
総数 66人

担当医の紹介

役職名等 氏名 資格等
副院長(兼)総合診療科部長(兼)第一小児科部長 田村 真通 日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本小児循環器学会小児循環器専門医
日本先天性心疾患インターベンション学会認定医
臨床研修指導医
総合診療科副部長 土佐 慎也 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医・指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来診察表はこちらをクリックしてください