理念・基本方針・看護体制

看護部長からのメッセージ

 私たちは、患者・家族、地域の方々、病院職員など病院に関わる全ての「人を大切にする」という人道の心で赤十字の看護を実践しています。その人の言葉・表情・声から、その時の気持ちを「手」と「目」で良く観て、その人の持てる力を考え、知識と技術を持って自らの手で看護することを目指しています。
 患者に寄り添った看護、優しさ、丁寧さ、「人を大切にする」という価値観、赤十字看護の歴史を継承できるよう取り組んで行きたいと思います。
 看護師ひとり一人が互いに支援しながら“育てる喜び、育てられる喜び”を感じる組織づくり、看護専門職として自己の能力を活かし自己成長できるよう支援を行っています。
 私たちと一緒に赤十字の看護を実践しましょう。

看護部長 山岡ふき子



 

看護部の理念

 私たちは、いかなる状況においても人を大切にするという人道の心で看護します。

看護部の基本方針

  1. 質の高い看護の提供に努めます。
  2. 看護実践能力の高い看護職員を育てます。
  3. 専門性を発揮できる看護職員を育てます。
  4. 病院機能の充実を図り、地域社会に貢献します。
  5. 医療チームの一員として自律した看護職員になります。
  6. 良好な人間関係のもとに健全な職場を作ります。
  7. 救護看護師を育成します。

看護部のめざす看護

 私たちは、健康増進・健康回復(あるいは尊厳死)に向けて看護の対象者が抱える問題の解決を図るために、看護の対象者の地域社会における生活を重視し、心をこめて病む人々の力になり、ひとり一人に適切に対処、支援いたします。

看護体制

入院基本料
施設基準
一般病棟入院基本料 7: 1
勤務形態 三交替制
看護方式 固定チームナーシング
看護単位 14病棟、外来、救急外来、手術棟、腎センター、患者支援センター、健康増進センター、中央滅菌材料室
看護体制 部分PPC (重症:ICU集中治療室・HCU重症治療室、中等症:一般病棟)
病棟内PPC (要観察者 : HCR . 重症観察室 )