継続教育

教育理念

 秋田赤十字病院の理念、及び、看護部の理念の具現化と看護職員個々の自己実現を目指し、看護職員は、秋田赤十字病院看護師に求められる能力の育成に主体的、自律的に取り組み、組織は看護職員の継続教育を支援する。

教育目標

  1. 医療チームの一員として看護の専門性を発揮するための能力を育成することができる
  2. 自律して思考し、問題解決を図ることができる
  3. 高い倫理観と、人間性豊かな感性を磨くことができる
  4. 赤十字事業の推進者となることができる
  5. 自己の能力開発、向上に向けて主体的、継続的に行動することができる

教育体制

 看護は職員ひとり一人の能力(知識・技術・態度)が看護の質を決定するため、高い能力を持った人材が必要であり、組織としても、個人としても能力開発に努めることが必須です。そのために、平成16年から看護職員の人材育成に主眼を置いたキャリア開発ラダーを導入しています。

 新人看護職員の教育については、平成22年度より新たに厚生労働省のガイドラインに基づいた「新人看護職員研修」を実施しています。

教育プログラム

 平成29年度レベル別教育プログラムは こちら をクリックしてください。

看護部院内研修ニュース

レベルⅡ対象:看護倫理、事例を用いたグループワーク

全看護師対象:看護研究に関する講義、静脈注射研修の一場面

対象別研修:(3年目以上)救護員としての赤十字看護師研修

オンデマンド研修

 当院は、平成21年度より集合研修・個人研修にいつでもどこでも取り組めるように、S-QUE院内研修1000’によるライブ研修(衛生生中継)、インターネットによるオンデマンド研修を取り入れています。

 オンデマンド研修では、院内感染・医療安全・急変対応・認知症看護・早期離床・看護倫理等様々な研修が配信されます。また、通年で配信している看護技術に関する「ワンポイントEナース」は厚生労働省「新人看護職員研修」に基づいた映像プログラムで、毎月新しいコンテンツが追加されます。

 自宅のパソコン、スマートフォンでも視聴できますので、育児休暇中でもオンデマンド研修を利用して自己学習が可能です。

赤十字施設のキャリア開発ラダーについて

 日本赤十字社の看護部門は全職員対象に、個々の職員がそれぞれの能力に応じた、キャリアアップの支援をしていくための能力開発プログラムを2004年から実施しています。

 当院も2006年度より日本赤十字社看護部が作成した看護実践能力向上のための仕組みに切り替えました。

赤十字施設の看護キャリア開発ラダー全体構造図

 赤十字施設の看護キャリア開発ラダー全体構造図

 キャリア開発ラダーレベル対応研修でそれぞれ研鑽を積み、各自が看護実践者レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲに応じた申請を行い、評価会で同僚・上司からの助言・評価を受け認定されます。

キャリア開発ラダー認定式

 プレゼンターは小棚木院長です。

助産師のクリニカルラダーについて

 当院は、秋田県総合周産期母子医療センターに指定され、助産師は助産実践能力習熟段階レベルⅢ認証制度に取り組んでいます。「自律して助産ケアを提供できる助産師(アドバンス助産師)」として2016年12月に14名の助産師がレベルⅢを認証され公表されています。