新人研修

新人看護職員研修通信

 毎月発行しています。研修の様子をご覧ください。

研修プログラム

 平成29年度レベル別教育プログラムは こちら をクリックしてください。

5月の研修プログラムが無事終了しました

急変時の対応:患者さんの急変を想定したシミュレーション研修です

リフレッシュ研修:大森山動物園で同期と気分転換を図りました

プリセプター制

 

新人・プリセプターから一言

画像

4B病棟 プリセプティー 佐々木 香奈(写真右)

 入職当初は右も左もわからず、緊張の日々でしたが、先輩に教えてもらいながら働くことで、徐々にできること・学びが増え、毎日が充実しています。
 わからないことがあってもすぐに先輩に質問できたり、病棟で学習の機会を作ってくださる等、そのような病棟で働くことができるのは安心ですし、楽しいです。

4B病棟 プリセプター 岩谷 理加(写真左)

 新人さんと共に行動し、患者さんとの関わりを見ていく中で、私自身気づかされることもたくさんあり、初心に立ち返る良い機会になっていると思います。
 病棟ではプリセプターだけでなく、スタッフみんなで新人さんをサポートできるような体制となっており、一緒に頑張っています。
 

7B病棟 プリセプティー 保坂 瑠美(写真右)

 入職時は緊張と不安でいっぱいでしたが、優しく丁寧に教えて下さる先輩のおかげで、毎日さまざまなことを学ぶことが出来ています。
 処置や看護技術は見学から段階を踏んで実施していくので、安心して患者さんと関わることができ、基礎からしっかり仕事を覚えることができます。

7B病棟 プリセプター 田村 裕美(写真左)

 自分が新人だった頃を思い出しながら、新人さんが疑問や不安を表出しやすい先輩であるように意識して関わっています。プリセプターだけでなく、病棟スタッフ全員でサポートしながら、日々成長する新人さんを見守っています。エビデンスに基づく看護を指導する中で、自己の知識・看護観や対象との関わり方などを振り返る機会も多く、毎日たくさんのことを学ばせてもらっています。