「レセプト及びDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究」について

 当院は、日本循環器学会事業の一環である循環器疾患診療実態調査(JROAD)が実施する「レセプト及びDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究」に参加しています。

研究の目的

 この事業は、2017年(平成29年)4月から2018年(平成30年)3月の間の入院及び外来の患者診療情報を用いて循環器疾患関連のICD10コードに基づいて対象症例を絞り込んだ全国規模の大規模データベースを作成するために行われるものです。
 作成されたデータベースは今後の循環器疾患関連の研究に活用するとともに、JROADにより収集した施設概要、検査や治療の実施件数など調査内容と連携させることで、より正確性の高いデータベースの構築に役立てられます。

個人情報の取り扱いについて

 集積される情報は、個人識別情報を含まず、患者さん個人を特定することはできません。
 データを使用されたくない場合は拒否することができますので、下記にご連絡ください。なお、使用を拒否したことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ありません。

 その他の研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、当該ホームページをご参照ください。

お問い合わせ

秋田赤十字病院 循環器内科 照井 元
電話 018-829-5000(代表)