院内がん登録

 院内がん登録とは、当院でがんの診断や治療を受けられた患者さんについて、がんの診断・治療・予後に関する情報を登録・収集する仕組みのことをいいます。登録の目的は、当院におけるがん診療の向上とがん診療患者さん・ご家族への支援に役立てることです。登録の対象となる疾患は、原発性の悪性新生物、その他の政令で定める疾病です。

 当院では、「がん対策基本法」、「がん登録等の推進に関する法律」に基づいて登録をおこなっています。

院内がん登録により収集された情報の主な利用目的

  • 予後調査
  • がんに関する医療活動の評価(統計)の資料作成
  • 全国がん登録(秋田県総合保健事業団疾病登録室)への届出
  • 国立がん研究センターがん対策情報センターへの届出

院内がん登録件数

院内がん登録予後調査について

 当院の予後調査は、受診情報を基本としますが、長期に受診されない患者さんについては独立行政法人国立がん研究センターもしくはこれに準ずる機関へ予後調査を依頼する場合があります。具体的にはそれらの機関から市区町村を通し住民票照会等が行われます。当院では個人情報保護法に基づき、院内がん登録によって得られた患者様情報を適正に管理しておりますが、予後調査を依頼する際には患者様情報を提供する必要があります。情報提供にご同意いただけない場合はお申し出ください。なお、お申し出のない場合は、ご同意いただいたものとして取り扱いいたしますのでご了承ください。