消化器病センター 消化器外科

診療科紹介

診療スタッフ

診療スタッフ名や外来担当日等につきましては、当ホームページの「診療科の紹介:医師名簿」の項や、「外来診察表」の項をご覧ください。入院に際しましては主治医をおきますが、スタッフ全員による診療体制をとっております。各スタッフが個々に専門性を持って最先端の知識や技術を修得し、「内視鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術」、「臓器機能を温存・再建する手術」、さらには、「いかに手術しないで病気を治すか、あるいは、いかに切除範囲を小さくするか」を考えながら診療にあたっています。

診療内容

一般外科

外傷 : 事故などによるもの
ヘルニア : 鼠径ヘルニア(脱腸)、大腿ヘルニアなど

消化器外科

胃・十二指腸の病気 : 胃癌、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の出血・穿孔など
小腸の病気 : クローン病や腸閉塞など
大腸の病気 : 癌、潰瘍性大腸炎、大腸腺腫症、憩室穿孔、虫垂炎など
肛門の病気 : 痔核、痔瘻、肛門周囲膿瘍など
肝臓の病気 : 肝細胞癌、転移性肝癌、胆管細胞癌など
胆道の病気 : 胆嚢結石、胆管結石、胆嚢癌、胆管癌など
膵臓の病気 : 膵癌、膵内分泌腫瘍、慢性膵炎など
脾臓の病気 : 特発性血小板減少性紫斑病など

腹部救急外科

上記病気のほか、腹部救急疾患の多くに対応しております。

手術件数の推移やその内訳などにつきましては下記の表をご参照下さい。

手術件数の推移 グラフ

手術件数の推移(2011~2014) グラフ

 

手術対象臓器の内訳 グラフ

手術対象臓器の内訳(2011~2014) グラフ

 

 

大腸癌治療成績(年,進行度,総数別) 患者数(%)
  手術数 5年後 5年以内の
癌死亡者数
5年以内の
他死亡者数
生存者数 追跡不能者数
2000年 進行度0 6 3 3 0 0
  進行度Ⅰ 27 21 5 0 1
  進行度Ⅱ 28 21 6 1 0
  進行度Ⅲ 18 12 1 5 0
  進行度Ⅳ 13 1 0 12 0
  総数 92 59 15 18 1
      64.1%      
2001年 進行度0 7 6 1 0 0
  進行度Ⅰ 23 13 6 0 4
  進行度Ⅱ 22 14 4 3 1
  進行度Ⅲ 21 14 3 3 1
  進行度Ⅳ 15 3 0 11 1
  総数 88 50 14 17 7
      56.8%      
2002年 進行度0 11 7 3 0 1
  進行度Ⅰ 28 21 6 0 1
  進行度Ⅱ 27 21 4 1 1
  進行度Ⅲ 29 15 4 9 1
  進行度Ⅳ 19 1 0 17 1
  総数 114 65 17 27 5
      57.0%      
2003年 進行度0 7 4 2 0 1
  進行度Ⅰ 19 16 3 0 0
  進行度Ⅱ 24 12 7 3 2
  進行度Ⅲ 23 10 4 8 1
  進行度Ⅳ 18 0 0 17 1
  総数 91 42 16 28 5
      46.2%      
2004年 進行度0 7 4 3 0 0
  進行度Ⅰ 19 18 0 0 1
  進行度Ⅱ 47 28 13 3 3
  進行度Ⅲ 23 10 6 5 2
  進行度Ⅳ 14 1 2 11 0
  総数 110 61 24 19 6
      55.5%      
2005年 進行度0 5 5 0 0 0
  進行度Ⅰ 27 15 11 0 1
  進行度Ⅱ 26 17 8 1 0
  進行度Ⅲ 31 16 8 6 1
  進行度Ⅳ 28 0 2 26 0
  総数 117 53 29 33 2
      45.3%      
2006年 進行度0 6 3 2 0 1
  進行度Ⅰ 30 17 9 3 1
  進行度Ⅱ 38 26 5 5 2
  進行度Ⅲ 33 13 9 8 3
  進行度Ⅳ 24 2 3 17 2
  総数 131 61 28 33 9
      46.6%      
2007年 進行度0 16 15 1 0 0
  進行度Ⅰ 30 26 3 0 1
  進行度Ⅱ 56 41 3 8 4
  進行度Ⅲ 30 25 0 5 0
  進行度Ⅳ 19 1 3 15 0
  総数 151 108 10 28 5
      71.5%      
2008年 進行度0 10 10 0 0 0
  進行度Ⅰ 36 31 1 1 3
  進行度Ⅱ 35 30 1 3 1
  進行度Ⅲ 26 17 0 6 3
  進行度Ⅳ 15 1 0 14 0
  総数 122 89 2 24 7
      73.0%      

術後在院日数(7~86日)
2014年(157例)
平均 19.4日、中央値 14日

胃癌治療成績(年,進行度,総数別) 患者数(%)
  手術数 5年後 5年以内の
癌死亡者数
5年以内の
他死亡者数
生存者数 追跡不能者数
2000年 進行度Ⅰ 59 37 16 3 3
  進行度Ⅱ 9 8 1 0 0
  進行度Ⅲ 12 2 0 9 1
  進行度Ⅳ 6 0 0 6 0
  総数 86 47 17 18 4
      54.7%      
2001年 進行度Ⅰ 36 22 11 2 1
  進行度Ⅱ 9 6 0 3 0
  進行度Ⅲ 4 1 0 3 0
  進行度Ⅳ 17 3 0 14 0
  総数 66 32 11 22 1
      48.5%      
2002年 進行度Ⅰ 57 38 14 0 5
  進行度Ⅱ 6 3 0 3 0
  進行度Ⅲ 9 4 0 5 0
  進行度Ⅳ 10 1 0 9 0
  総数 82 46 14 17 5
      56.1%      
2003年 進行度Ⅰ 39 24 11 3 1
  進行度Ⅱ 13 7 2 4 0
  進行度Ⅲ 14 4 1 9 0
  進行度Ⅳ 15 0 0 14 1
  総数 81 35 14 30 2
      43.2%      
2004年 進行度Ⅰ 44 25 16 1 2
  進行度Ⅱ 9 5 2 2 0
  進行度Ⅲ 10 4 0 6 0
  進行度Ⅳ 13 0 0 13 0
  総数 76 34 18 22 2
      44.7%      
2005年 進行度Ⅰ 66 28 31 4 3
  進行度Ⅱ 9 4 1 3 1
  進行度Ⅲ 9 1 3 5 0
  進行度Ⅳ 11 1 2 8 0
  総数 95 34 37 20 4
      35.8%      
2006年 進行度Ⅰ 47 30 11 3 1
  進行度Ⅱ 19 10 3 5 1
  進行度Ⅲ 12 3 1 7 1
  進行度Ⅳ 10 2 0 8 0
  総数 88 45 15 23 3
      51.1%      
2007年 進行度Ⅰ 86 69 2 8 7
  進行度Ⅱ 9 4 0 3 2
  進行度Ⅲ 9 3 0 6 0
  進行度Ⅳ 11 0 0 9 2
  総数 115 76 2 26 11
      66.1%      
2008年 進行度Ⅰ 59 52 0 3 4
  進行度Ⅱ 12 5 0 7 0
  進行度Ⅲ 11 6 0 4 1
  進行度Ⅳ 14 1 0 10 3
  総数 96 64 0 24 8
      66.7%      

術後在院日数( 7~152日 )
2014年( 69 例)
平均15.8日、中央値 12日

 

担当医の紹介

役職名 氏名 専門医・認定医
院長 小棚木 均 日本外科学会認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医・指導医
臨床修練指導医認定証
米国外科学会会員(FACS)
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
副院長(兼)第三消化器外科部長 大内 愼一郎 日本外科学会認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一消化器外科部長 宮澤 秀彰 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本消化管学会胃腸科暫定専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第二消化器外科部長 澤田 俊哉 日本外科学会認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化管学会胃腸科認定医・暫定専門医・暫定指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一消化器外科副部長 工藤 和大 日本外科学会外科専門医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一消化器外科副部長 里吉 梨香 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一消化器外科副部長 吉楽 拓哉 日本外科学会外科専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一消化器外科副部長 小棚木 圭 日本外科学会外科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師 升田 晃生 日本外科学会外科専門医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師 山形 健基 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来診察表はこちらをクリックしてください