沿革

  • 災害救護活動の年表は こちら をご覧ください。
     
大正3年7月1日 初代病院:秋田市上中城町に病院と救護看護婦養成所創設(75床、内科・外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・歯科)「日本赤十字社秋田支部病院」および「日本赤十字社秋田支部救護員養成所」と称す
大正8年4月 病室増築、94床となる
大正10年7月 病室増築、185床となる
大正12年2月 レントゲン室・手術場焼失
大正13年7月 レントゲン室・手術場再築。看護婦寄宿舎増築。
大正14年3月 外科診療室等増築
大正14年9月 小児科開設
大正15年8月 内科診療室等増築
昭和2年8月 県内巡回診療開始
昭和2年9月 理学的診療科(後の放射線科)開設
昭和3年5月 閑院宮総裁殿下御視察
昭和3年 150床に縮小
昭和6年 144床に縮小
昭和11年6月 北秋田郡前田村(現森吉町)の小学校の医務室での診療実施(赤十字村、約3か月間)
昭和11年 夏期児童保養所開設
昭和14年12月5日 第二代病院:東根小屋町に新築移転(147床)
昭和14年12月 皮膚泌尿器科開設
昭和16年4月1日 「秋田赤十字病院甲種救護看護婦養成所、秋田赤十字病院乙種救護看護婦養成所」に変更
昭和16年5月21日 閑院宮総裁病院御視察
昭和16年7月18日 第3病棟及び伝染病棟竣工(230床)
昭和16年8月4日 秋田県乳児院竣工、赤十字支部に経営を委託
昭和18年1月1日 「秋田赤十字病院」と改称
昭和20年3月 海軍病院指定(大湊海軍病院分院)
昭和20年9月 一部病棟進駐軍に接収される
昭和20年9月 本荘分院設置(内藤病院)
昭和21年4月 「秋田赤十字病院赤十字看護婦養成所」と改称
昭和21年4月 進駐軍より接収の病棟が返還される
昭和21年8月 実地修練生(インターン)指定病院となる
昭和22年10月 社会事業部開設
昭和23年8月 本荘分院廃止
昭和24年1月 看護婦当直制から三交代制に変更
昭和25年3月25日 新制度により「秋田赤十字病院看護学院」と改称
昭和25年7月 完全給食、完全看護制度導入
昭和25年12月1日 「秋田赤十字高等看護学院」と改称
昭和26年4月 「社会事業部」を「医療社会事業部」に変更
昭和27年2月 日本初の新生児交換輸血に成功
昭和27年2月 看護学院戴帽式初挙行
昭和27年12月 結核病棟増改築(320床)
昭和28年4月 整形外科開設
昭和29年1月 院内血液銀行開設
昭和31年8月 人間ドック開始(2床)
昭和33年10月 秩父宮妃殿下御来院
昭和36年10月 歯科廃止
昭和37年4月 皮膚泌尿器科を分離して皮膚科と泌尿器科に
昭和37年4月 県立養護学校分校併設
昭和38年11月 形成外科開設
昭和41年3月 救急病院告示
昭和43年3月1日 脳神経外科開設
昭和43年8月19日 第三代病院:中通一丁目に新築移転(343床)
昭和43年9月1日 神経内科開設
昭和43年9月7日 病院内に秋田県赤十字血液センター移転
昭和44年12月 乳児院が病院から秋田市寺内に移転
昭和45年4月 放射線科にRI部門設置
昭和48年5月8月 佐賀リュウ、第24回ナイチンゲール記章受章(6月28日授章式)
昭和49年7月15日 秋田県交通災害センター開設(50床)
昭和49年10月 結核病棟閉鎖、老人病棟に転用(360床)
昭和51年4月1日 専修学校制度により「秋田赤十字看護専門学校」に改称
昭和52年5月14日 根本一蔵検査部技師長、第12回小島三郎記念技術賞受賞
昭和53年7月1日 救護看護婦記念像建立(日本赤十字社100周年記念)
昭和54年4月1日 秋田県神経病センター開設(30床)
昭和54年7月2日 6階に健康管理棟増設
昭和55年3月12日 臨床研修指定病院(厚生大臣指定)
昭和55年4月1日 県立衛生看護学院助産科学生の実習受け入れ開始
昭和55年4月 交通災害センターにCT設置
昭和55年7月2日 ネパールからの海外研修生受け入れ開始
昭和55年9月22日 第1回海外研修(以後9回にわたる)
昭和55年10月 訪問看護開始
昭和55年12月1日 院内土足歩行解禁
昭和56年5月 県内で初めて病院ボランティア活動開始
昭和56年6月 金浦温泉診療所開設
昭和57年7月1日 麻酔科開設
昭和57年7月1日 外来ドック開設
昭和58年5月8日 志田ちゑ、第29回ナイチンゲール記章受章(6月22日授章式)
昭和59年5月14日 患者文庫開設
昭和59年7月8日 秋田県赤十字血液センターが秋田市川尻へ移転(業務開始7月9日)
昭和59年12月1日 健康増進センター開設
昭和60年3月1日 秋田県交通災害センターが救命救急センターに指定
昭和60年7月1日 精神科開設
昭和61年4月1日 呼吸器外科、心臓血管外科開設
昭和61年12月1日 中間棟増築、腎透析センター、内視鏡室開設
昭和63年5月14日 中村きよえ、ソロプチミスト財団賞受賞
平成元年12月 交通災害センターにMRI設置
平成2年4月30日 金浦温泉診療所閉鎖
平成3年4月1日 健診部設置
平成4年7月1日 病院年報第1号(平成2年度版)発行
平成4年11月2日 健康増進センター移転
平成5年1月4日 胃腸センター開設
平成5年4月1日 周産期医療センター開設(377床)
平成5年4月17日 新潟県佐渡総合病院と姉妹病院提携
平成5年7月4日 中国天津市中医医院と友好病院提携
平成8年4月1日 日本赤十字秋田短期大学開校
平成9年4月1日 完全週休2日制
平成10年3月31日 秋田赤十字看護専門学校閉校
平成10年6月 秋田県交通災害センター及び秋田県神経病センター閉院
平成10年7月1日 第四代病院:上北手地区に新築移転(496床)
平成10年7月1日 救命救急センター設置
平成10年7月1日 オーダリングシステム導入、外来診療録の中央管理化、給食業務の外注化、全科院外処方実施
平成10年12月28日 病院歌「愛の窓」披露
平成11年2月1日 救急部設置
平成11年4月1日 秋田市医師会長と共同利用事業(病診連携事業)に関する覚書を締結
平成11年4月1日 地域医療連携室設置
平成12年4月1日 NICU 6床を9床に、GCU30床を27床に変更
平成12年5月27日 第20回東北建築賞作品賞受賞
平成13年11月14日 第42回建築業協会賞受賞(秋田赤十字病院および日本赤十字秋田短期大学)
平成14年4月1日 循環器科開設
平成14年4月 診療にクリニカルパス導入
平成14年7月1日 呼吸器科、消化器科開設、「胃腸センター」を「消化器病センター」に改称
平成14年11月12日 第1回「癒しと安らぎの環境賞」病院部門最優秀賞受賞
平成15年10月1日 「秋田赤十字病院の理念と基本方針」制定
平成15年10月1日 全館禁煙実施
平成16年1月4日 院内がん登録開始
平成17年11月21日 病院機能評価Ver.4.0認定
平成18年1月1日 電子カルテシステム導入
平成19年4月1日 総合周産期母子医療センターに指定
平成19年5月1日 呼吸器外科開設
平成19年5月12日 志田蝶、第41回ナイチンゲール記章受章(7月9日授与式)
平成19年11月1日 エイズ診療拠点病院に指定
平成20年2月1日 敷地内全面禁煙開始
平成20年2月8日 地域がん診療連携拠点病院に指定
平成20年4月1日 DPCによる診療報酬請求開始
平成20年4月1日 秋田赤十字病院附属あきた健康管理センター開設(業務開始5月1日)
平成20年10月8日 常陸宮華子妃殿下御視察
平成21年4月1日 緩和ケア科外来開設
平成22年4月1日 放射線診断科、放射線治療科開設
平成22年7月21日 人間ドック健診施設機能評価Ver2.0認定
平成22年10月1日 医師業務支援室設置
平成22年11月21日 病院機能評価Ver6.0認定
平成23年1月28日 第2回産科医療功労者表彰受賞(厚生労働省)
平成23年3月7日 フィルムレス化導入
平成23年4月1日 総合診療科、婦人腫瘍科開設
平成24年1月23日 秋田県ドクターヘリ運航開始
平成24年4月1日 卒後臨床研修評価認定
平成24年11月30日 秋田赤十字病院医学雑誌創刊
平成25年4月1日 診療科再編(腎臓内科、血液内科、代謝内科、腫瘍内科開設。21科→29科)
平成26年3月25日 地域医療支援病院承認
平成26年4月1日 卒後臨床研修評価認定更新
平成26年7月1日 病院創立100周年記念式典および祝賀会開催
平成26年7月5日 病院創立100周年感謝祭開催
平成26年9月1日 病理診断科開設(30科)
平成27年3月16日 患者支援センター開設
平成27年4月1日 人間ドック健診施設機能評価Ver3.0認定
平成27年11月21日 病院機能評価3rdG:Ver1.1認定
平成28年11月1日 許可病床数を480床に変更
平成28年11月21日 福利厚生棟事務室運用開始
平成29年1月10日 院内保育園ちえの和開園